スマホも充電可能!バッテリー切れの時に役に立つ安くておすすめジャンプスターター

バッテリー上がりは意外と多いトラブル

 

ロードサービスの出動理由で一番多いのがこのバッテリー上がりです。バッテリーの劣化以外に、些細なミスでバッテリーが上がってしまいますので万が一の為に備えましょう。

バッテリーが上がってしまう理由

意外と小さなミスでバッテリーが上がってしまうことが多いので万が一に備えておくのが無難です。

バッテリーは自然に放電していく

バッテリーの特性として、徐々に放電してしまいます。そして車のバッテリーはエンジンをかけないと、基本的にバッテリーは充電されません。それに加えて車を走行させていなくてもキーレスエントリーやセキュリティシステム等でバッテリーを使用していますので、長期間車に乗っていないとバッテリーが上がってしまう危険性があります。

走行距離が短い

近所の買い物のみに使用したり、たまにしか車を使用しないとバッテリーが十分に充電されないばかりか、劣化の進行が早くなってしまいます。ひどい場合はバッテリー上がりに繋がってしまいます。

バッテリーの劣化

バッテリーは製品や使用状況によって違いますが、3年程度で寿命が来てしまいます。劣化したバッテリーでは十分な電力を供給することが出来ず、バッテリー上がりの原因になります。

半ドアやライトの消し忘れ

一番注意して欲しいありがちなバッテリー上がりの原因です。特に夕方にスモールライトを点灯したまま放置しておくと次の日の朝に気づいた時には既にバッテリーが上がってしまっています。

同じように半ドアと、意外と気づきにくいのがトランクがきちんと閉まっていない場合です。トランクの警告灯が付いていない車も多いので、しっかり閉まっていないとランプが点灯しっぱなしになり、バッテリーが上がってしまうので注意が必要です。

バッテリー上がりの予兆

予兆なくバッテリーが上がってしまうこともありますが、予兆が現れる場合があります。その時には早めに新品に交換する等対策をしましょう。

セルの回りが悪い

セルモーターを動かすには多くの電力が必要です。その為、エンジンスタートを試みてからエンジンがかかるまでに、音がいつも違ったり、キュルキュル音やエンジンがかかるのが遅い場合はバッテリーの劣化が疑わるので早めに点検しましょう。

他にもパワーウィンドウの動作が全てのドアで遅い場合やワイパーの動作がいつもより遅い場合もバッテリーの劣化が疑われます。

ライトが明るくなったり、暗くなったりする。

バッテリーが劣化している場合だと、ヘッドライトなどの明るさが車の速度によって変わってしまいます。

走行中にライトの明るさが変わるのは、エンジンの回転数によって発電機(オルタネーター)の回り方が違うので、発電機が回っていないときに十分にばってりーから電気が供給できないとライトが暗くなってしまいます。

最近の車ではHIDやLEDのような省電力のヘッドライトが増えてきている為、判別が難しくなっています。

燃費も悪化する

バッテリーが劣化していると、車のコンピューターが電圧が低いと判断して発電機をよく回すように制御します。そうなるとエンジンに負荷をかけてしまいますので燃費の低下につながります。

さらにエンジンに負荷をかけているということは、軽自動車などのパワーの少ない車などでは加速も鈍くなってしまうこともあります。

バッテリー上がりを回復させる方法

新品に取り換える

時間に余裕があって近くにカー用品店がある場合はバッテリーを買ってきて自分で交換してしまうという方法です。作業は車載の工具で出来るレベルですが、知識がないとショートしてしまい危険なので止めた方が良いです。

ブースターケーブルで充電

この場合は2つの問題点があります。1つはブースターケーブルを持っていなければいけないこと。車には標準でブースターケーブルは搭載されていませんし、普段から車に積んでいる人は殆どいないです。

2つ目はバッテリーの電気を分けてもらう救援の車がいないといけないということです。ブースターケーブルをもっていても他の車がなければどうしようもありません。山や郊外などでバッテリーが上がってしまうと助けてくれる車と人を探すだけでも非常に大変です。

ハイブリット車は救援できない

プリウス等のハイブリット車は他の車と比べて構造が少し違うので救援車にはできません。車が故障してしまいますので絶対に止めましょう。

ロードサービスを呼ぶ

一番確実なのがJAF等のロードサービスを呼ぶという方法です。この方法だとプロが判断してくれるので非常に安心です。しかし、山間部やロードサービスの拠点から遠い場所、交通事情によって長時間待たされる場合もあります。

しかしロードサービスは意外と高い

JAFの会員になっていればロードサービスは無料ですが、会員でなければ費用が掛かってしまいます。料金は\12,880ですが、時間や場所によって夜間料金や救援車の高速料金が別に必要になります。

因みにJAFの入会金は\2,000で年会費は\4,000かかります。

任意保険のロードサービスを利用する

多くの保険では無料でバッテリー上がりに対応してくれますので加入している保険の内容を確認してみましょう。但し、バッテリー上がりのロードサービスは保険期間内に1回までと定められている所も多いので、2回目からはロードサービスの費用が掛かってしまいます。

バッテリーが上がってしまうとのさらなる悲劇が

バッテリーが上がると当然エンジンがかかりませんので、ロードサービス等を待っている間にはこんな目に遭ってしまいます。

エアコンやヒーターが使えない

近くに建物など一時的に休憩できる場所があればいいのですが、何もなければ車の中や外で待たなければならない場合もあります。夏は非常に熱く、冬は非常に寒い中で待たなければなりません。

ライトが付かない

バッテリーが上がってしまうと全てのライトが付けられないので、当然ルームランプもつけられません。夜の郊外では暗闇の中でスマホの明かりだけでロードサービスを待つ羽目になります。

ジャンプスターターのメリット

ジャンプスターターがあれば機械が苦手な人でも簡単にバッテリーを充電できます。しかも比較的安く軽いので、グローブボックスに入れておいても邪魔になりません。

また、ロードサービスを待つ時間もないので緊急時に役立ちます。

車以外の充電にも

モバイルバッテリー代わりとして、スマホ・携帯ゲーム機・デジカメも充電できます。また、LEDライトが付いているものが多いので暗いところの作業も安心です。

おすすめジャンプスターター

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 8000mAh

・アマゾンでも評価が高く価格も安いジャンプスターターです。値段は\4,000円前後で購入でき、最大20回のジャンプスタートが出来る能力があります。

・安全機能がついており、サージやショートを防止してくれるので安心して使用できます。

・24か月の保証やカスタマーサービスに評判があり安心です。

一点だけデメリットがあります。それは2.5L以下の使用しか出来ないということです。これ以上の排気量の車に使う予定であればこの製品は使えません。

GOOLOO 緊急ジャンプスターター 12V車用10000mAh 450A

10000mahの大容量のバッテリを搭載しているジャンプスターターです。4000ccまでのガソリン車であればエンジン始動可能です。上のArteck比べて大きい排気量の車にも対応していますが、重量が748gと若干重たいということです。他には保証が一年なので、心配性の方はArteckの方が良いと思います。もちろんこの製品にもLEDライトやスマホの充電機能が付いています。

特に北海道等の寒冷地に住んでいる方は動作保障温度が-20~60℃と幅広いのでこちらがお勧めです。

エンジンがかかったらやらなければならないこと

 

ジャンプスターターでエンジンをかけてもそれで大丈夫というわけではありません。走行することは可能ですが、万全とは言えませんので以下のことを実施して下さい。

充電の為に走行

エンジンがかかってもバッテリーの容量が減ったままなので、1時間くらい走行してバッテリーを充電してください。バッテリー自体が劣化している場合は充電してもすぐバッテリーが上がってしまうので長期間交換していない場合は新品に交換しましょう。

オーディオなどの設定

時計やオーディオなどの設定が消えてしまうものがありますので設定を元に戻しましょう。

警告灯が点灯する場合

バッテリーが上がると横滑り防止装置の警告灯などが点灯する場合がありますので、必ず説明書で確認するかディーラーで対応してもらいましょう。

エンジンがかからなくて困らない為に

バッテリー上がりは予兆があるばあいもありますが、突然エンジンがかからなくなってしまうことも多々あります。いざという時に困らない様にジャンプスターターを準備してみてはどうでしょうか。

スマホの携帯用バッテリーにエンジンブースターが付いていると考えれば非常に安い買い物だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする