アジアンタイヤの寿命・耐久性が短いというのは本当なのか?

アジアンタイヤの寿命は短いというのは本当?

アジアンタイヤの品質が悪いとか、寿命が短いという噂を耳にすることがありますが、本当に寿命は短いのでしょうか。また、なぜ寿命が短いとしたらその理由は何なのでしょうか。

アジアンタイヤの寿命が短いと言われる理由

なぜ、近年タイヤの性能は上がってきているのにアジアンタイヤの寿命が短いといわれているのでしょうか。

メーカーによって性能がピンキリ

確かにアジアンタイヤでもまだまだ日本国内のメーカーと比較して劣っていると言わざるを得ないようなタイヤメーカも正直言ってまだあります。その為、アジアンタイヤが安いけれども、性能や寿命が低いと言われている原因の一つとして考えられます。

価格が安い為

価格が日本国産タイヤと比較して安く購入できるものが多く、中には半額以下で購入できるタイヤもあるため、安かろう、悪かろうのイメージで性能や寿命が短いというイメージを与えてしまっている可能性があります。

価格だけでタイヤを購入してしまっている

とにかく安いタイヤを購入したくて保管状況が悪かったり、品質が悪いタイヤを購入してしまっている可能性があります。

馴染みがない

日本人にとっては国産タイヤメーカが沢山あるため、多くの方がブリヂストンをはじめとした国内タイヤメーカーのタイヤを装着されている方が大半かと思います。その為、アジアンタイヤを使用した方が少ないかと思います。

人間は自分の馴染みのないものに対してはネガティブな印象を持ちがちです。その為、性能が悪いイコール寿命が短いという印象を持っている方も多いかと思います。

アジアンタイヤの寿命は日本製と変わらない?

一つの例ですが、安いアジアンタイヤで4万キロも使用できるのであれば十分でないでしょうか。殆どの方が年間の走行距離が1万キロ以下かと思いますので、4年も使用できるということになります。

摩耗が早くても購入する価値があるかも

たとえ国産タイヤと比較して若干摩耗が早くて寿命が短かったとしても、価格が非常に安いのであれば購入する価値はあるかとは思います。

タイヤは走行距離だけではなく、ゴムのひび割れや劣化をしてしまいますので、いくら価格の高い国産タイヤを購入してタイヤが摩耗していなくても、経年劣化によるタイヤの寿命が来てしまいます。

アジアンタイヤの性能は国産タイヤに近づいている

ハンコックやナンカン等のアジアンタイヤは新車に純正採用される程評価が高いアジアンタイヤですので信頼性は十分と言えます。

アジアンタイヤはコストパフォーマンスが高い

これだけ大きなタイヤサイズのスポーツカーでも非常に安い価格で購入できることは、国産タイヤではありえないといっても過言ではありません。しかも国産タイヤと比較しても性能が変わらなければ購入する価値が十分あると言えます。

アジアンタイヤは信頼できるメーカーを選ぶべき

アジアンタイヤは昔と比べると信頼できるメーカーは増えてきている印象ですが、未だに安いだけで性能が悪いタイヤメーカーがあるのも事実です。

その為、アジアンタイヤを購入する場合は評価が高いタイヤメーカーの商品を購入するようにしましょう。

お勧めのタイヤメーカーはナンカンです。ナンカンタイヤは非常に評判も高く価格も安い為、お勧めです。タイヤの評価はオートウェイのサイトでの総合評価(ユーザーレビュー)が非常に参考になります。もちろん乗り心地や燃費性能、耐久性も評価の対象なので非常に参考になります。

ナンカンはどこの国のメーカー? 最近では大手カー用品店やインターネット通販で見かけるようになってきましたが、車に詳しくない人は初めて聞くメ...

まとめ

アジアンタイヤの性能は近年日本国産に劣らないほど性能が高まってきています。にも拘わらず日本での人気は低いというのが現状です。

お金に余裕がある方であればディーラーやカー用品店で国産タイヤを購入してもいいですが、国産の半額以下で購入できるアジアンタイヤは購入を検討する価値は十分あると言えます。

特に安いタイヤを購入する場合は信頼できる通販サイトで評判・評価が高いタイヤを購入すべきです。

お勧めのタイヤ通販サイトはオートウェイです。オートウェイでは上記で説明させて頂いた通り、実際にタイヤを購入したユーザーの評価を確認できるので安心して自分の好みに合ったタイヤを選ぶことができます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする