買うなら今がお得。自動車用タイヤの消費税は10/1から10%に増税

タイヤは消費税増税対象

10月1日より消費税が10%に増税されます。自動車用のタイヤは軽減税率の対象外となりますので10月1日以降にタイヤを購入すると商品の値段以外に10%の税金が加算されるので更なる負担が増えることになります。

自動車用のタイヤは安い買い物ではないので早めの注文をお勧めします。

国内タイヤメーカは値上げをしたばかり

8月には人手不足などによる物流費の高騰によって出荷価格を3%前後値上げしたばかりです。さらに10月1日から消費税増税となるとさらにタイヤを購入する価格がさらに高くなってしまいます。

さらに消費税10%に伴う、物流費や原材料費のコストが増えることによる値上げが懸念されています。

アジアンタイヤはコストパフォーマンスが高い

日本国産のスタッドレスタイヤは性能が高く、安心して使用することが出来ますが、価格が輸入タイヤと比べると非常にネックとなってしまいます。お金に余裕のある方はディーラーで国産のタイヤを購入しても問題ないですが、殆どの方は少しでもタイヤを少しでも安く購入したいはずです。

そのような方にはアジアンタイヤをお勧めします。昔のアジアンタイヤといえば安いばかりで性能が悪いという評判でしたが、近年のアジアンタイヤは国産タイヤと比較しても性能が変わらないばかりか、価格が国産タイヤの半分以下で購入できるものもあり、非常にコストパフォーマンスが高いです。特にNANKANGやHankookの評判が高く、新車で純正タイヤとして採用されているものもあります。

アジアンタイヤの利点と欠点とお勧めできる理由

スタッドレスタイヤの評判が高い

オートウェイではアジアンタイヤのスタッドレスタイヤも販売しています。オートウェイで販売されているナンカンのESSN-1は非常に評判が高く、サイトの総合評価では5点満点中4.31という高評価です。走行距離の多いプロの個人タクシードライバーの方も使用しています。

価格が国産タイヤと比較して半額程度で購入できるとなると検討する価値は十分にあるといえます。

ESSN-1オートウェイで一番お勧めできるスタッドレスタイヤですが、他にもZEETEX WP1000、ATR SPORT WINTER 101、NANKANG SNC-1等コストパフォーマンスが高いタイヤを色々と取り揃えているので、比較して検討してみてはどうでしょうか。

評判は?アジアンタイヤのナンカンESSN-1がお勧めできる理由

タイヤの購入はオートウェイがお勧め

アジアンタイヤの購入はオートウェイがお勧めです。オートウェイがお勧めできる理由としてコストパフォーマンスが高いNANKANGやATR RADIALのタイヤを販売しています。

他にもタイヤホイールセットを購入した場合は送料無料や、お店へ直接タイヤを送ってタイヤ交換ができるタイヤピット等が便利で評判が高いです。

他にもオートウェイでタイヤを購入することは様々なメリットがあります。詳しい内容については下のページに記載しています。

オートウェイは安くて安心!オートウェイでタイヤを購入すべき理由

オートウェイでは早割でさらにお得に

オートウェイではスタッドレスタイヤ若しくは、タイヤホイールセットを2019年10月31迄購入すると期間限定で5%の割引をしています。是非この機会に購入を検討してみてはどうでしょうか。

雪が降る前や降り始めである11月や12月は繁忙期にあたるため、在庫が少なくなっていたり、注文が込み合ってしまうことがあります。その場合はタイヤを注文しても直ぐに到着しない危険性がありますし、タイヤ交換をするのにもディーラーや工場が込み合っていて直ぐには作業できないこともあります。

雪が降って車に乗れなくなってしまう事態を防ぐためにも早めのタイヤ注文をお勧めします。

まとめ

消費税が10%に増税になるに伴い、家計にはさらに負担がかかってきます。車に乗る方にとってタイヤの購入は必要不可欠なものとなります。

値段が高い、増税するからといって劣化や摩耗したタイヤを使用することは非常に危険なので絶対に止めましょう。

タイヤはそれなりに値段が張るものですので、少しでも生活の負担を減らすために、コストパフォーマンスが高いアジアンタイヤを購入してみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする