自宅でテレワークが出来ない方にお勧めする車中テレワークのメリットと注意点

車中でもテレワークが出来る

テレワークというのは自宅やインターネットカフェ、レンタルオフィスでしかできないと考えている方も多いと思います。

しかし、少し環境を整えれば車中でもテレワークを行うことが可能です。そこで車中テレワークのメリット・デメリットや注意点について説明したいと思います。

車中テレワークのメリット

自宅で行うテレワークと比較して車中でテレワークを行うのは以下のメリットがあります。

家族の邪魔にならない

自宅でテレワークを行っていて子供がいる場合だと、会議を行う際などに声が入らないように他の部屋に移動してもらったり、自分が静かな場所に移動しなければならないなど、気を使う必要があります。

また、なんとなく家族に自分の仕事をしている姿を見られるのは恥ずかしいという人もいると思います。車中テレワークではそのような心配はありません。

場所の確保が不要

自宅でテレワークを始める場合にはパソコンや作業をする場所が必要になってしまいます。自分の部屋や空いている部屋があれば問題がありませんが、居間で作業をするかテレワーク用に使っている部屋を開けてもらう必要があります。

しかし、マイカーを持っている人はわざわざ車中でテレワークを行えば上記のようなことをする必要がありません。

最低限のコストで始めることが出来る

自宅に開いているスペースや部屋が空いている人はあまりコストがかかりませんが、場所がない人はインターネットカフェやレンタルオフィスでテレワークをする必要がある人もいると思います。

その場合には使用するたびに料金が発生して今います。例えばインターネットカフェだと個室を借りるとなると1時間で500円くらいの費用が掛かってしまいます。

5~6時間のパック料金の利用でも1500~2000円近くの料金が掛かってしまうので、20日使用すると数万円という高額出費となってしまいます。

病気の感染リスクを下げることが出来る

最近テレワークを始めた方はコロナウィルスが影響でテレワークを始められた方が殆どだと思います。

インターネットカフェやレンタルオフィスなどで作業をしてしまうと、一人で仕事している場合と比較して感染症のリスクが増えてしまいます。

その点、車中でテレワークを行うのは1人だと思いますので安心だと言えます。

誘惑が少ない

自宅でテレワークをしているとどうしてもテレビなどが気になって仕事が円滑に進まないという方には最適です。

自宅で漫画を読んだりゲームを始めてしまった日には一向に仕事が進まないという事態になってしまうでしょう。

気分転換

ずっと自宅でテレワークで仕事をしてしまうと飽きてしまって集中出来ないという事態になってしまう方もいると思います。

1日に数時間でも車中でのテレワークを行うと気分転換になる場合があるので、自宅でテレワークをしている方で集中できないという人は試す価値はあると思います。

また、自宅は休む場所と考える人にも車内でのテレワークは最適です。

車内テレワークのデメリット

自宅などでテレワークを行う場合と比較して当然車中でテレワークを行う場合にもデメリットがあります。

スペースが狭い

自宅で場所が確保できる方は大きな机にパソコンや書類を広げて作業することが可能ですが、車中はスペースが狭いので必要最低限の仕事道具を持って作業する必要があります。

当然車の中にはテーブルなどは無いので準備する必要があります。

さぼり

1人でテレワークを行っていると人間はサボりたくなってしまうものでものです。サボらないようにするには、目標を設定したり、時間を区切ったりして仕事を行うことが効果的です。

場所

自宅に駐車場がある方は問題ありませんが、月極駐車場を借りている方や、機械式の駐車場を借りている方はそこでテレワークを行うことは出来ませんので、場所を探す必要があります。

スーパーやショッピングセンターの駐車場で作業を行う場合は許可を受けて作業をする必要があります。(許可してくれるとは思いませんが)

また、路駐してテレワークを行うなどという愚かなことを決して考えてはいけません。

車内テレワークの注意点

自宅ではなく、車中でテレワークを行う場合には独特な注意点があります。

エコノミークラス症候群

車内は自宅やオフィスなどと比較するとどうしても狭くなってしまいますので、同じ姿勢で長時間作業をしてしまうことになります。

適度にストレッチをしたり、水分補給を行うようにしましょう。

情報漏洩

車は外から見られやすい為、機密情報を取り扱う際には要注意です。そもそもそのような仕事は車中で行わないようにするか、外から車中を見えないように工夫しましょう。

車中テレワークお勧めグッズ

車中でテレワークを行う為には以下のグッズを購入しておくと快適な仕事を行うことが出来ます。

サンワダイレクト 車載 ハンドルテーブル

イーサプライ 車載用 テーブル ノートパソコン用テーブル 運転席 ハンドル 高さ・角度調節 折りたたみ EEA-HBA-66


ハンドルやヘッドレストに取付することが可能なので運転席でも後部座席でも使用することが可能なので非常に便利です。

13インチまでのノートパソコンを使用することができ、高さと角度の調整が出来るのがこのテーブルのもう一つのメリットです。狭い車中では正しい姿勢を取るのが難しいので非常に有難い機能です。車内での食事もこのテーブルで行うことが出来ます。

また、使わないときは折りたたむことが出来るので保管場所をあまりとりません。

人気の商品の為、売り切れには注意です。

LST 200Wカーインバーター コンバーター

LST 200Wカーインバーター コンバーター 車載充電器 DC12VをAC100Vに交換 USB給電4口 AC100V電源2口 修正正弦波 シガーライターソケット コンパクト&シンプル (ブラック)


アクセサリーコンセント(AC100V)が付いていない車は必要ありませんが、車中でノートパソコンの充電をする為に必要な商品です。

定格出力が200Wなので殆どのノートパソコンが充電、使用することが出来ます。USB給電口も付いているのでiPadやiPhoneの充電もすることが出来ます。

また、停電時も車で電気製品を使うことが出来るので非常用に持っておくと安心です。

MefeCoorel サンシェード

MefeCoorel サンシェード 車 遮光 遮熱 自動伸縮 自動折畳 プライバシーを保護する 車 サンシェード (グレー)


MefeCoorel サンシェードはフロントガラスに最適な自動収縮式の商品です。車内のプライベート確保や、直射日光を防ぐためにサンシェードは必須といえます。

アマゾンでベストセラー1位になっている商品です。汎用品ですが、カットすることが出来るので自分の車に最適なサイズに調整することが出来るので非常に便利です。

車用サンシェード 車窓日よけ カーシェード UVカット 簡単着脱 遮光 断熱 車内の目隠しにも 4枚セット 収納バッグ 取扱説明書付き


因みにドアのガラス用も購入しておくと良いでしょう。

ランバーサポート

IKSTAR クッション 低反発 ランバーサポート オフィス 椅子 車用 腰枕 RoHS安全基準クリア 取付バンド調節可能 洗える 介護用クッション


アマゾンでベストセラー1位になっているランバーサポートです。

腰痛持ちの方にとって車中テレワークでは必須ともいえる商品です。車のシートだけではなく、オフィスチェアや自宅の椅子にも使用することが出来ます。

人間工学に基づいたデザイン設計がされており、長時間でも快適な仕事をすることが出来るでしょう。カバーは洗うことが出来るので衛生的なのも嬉しいポイントです。

車内の清掃も忘れずに

自宅と比較するとどうしても車内というのは清掃が疎かになりがちです。

快適な車内テレワークを行うにも定期的に車内は清掃しましょう。

DOFLY 車用掃除機【吸力加?版】 ハンディクリーナー コードレス 軽量 乾湿両用 小型 家庭 充電式 超強吸引力 8500Pa 40分間連続稼働 多機能 LED照明 ホーム/車/カークリーナー お手入れ用品

まとめ

車中でテレワークを行うのはレンタルオフィス等と比較して、価格も安くプライベート空間が保たれるため非常に便利で快適です。

さらに快適で効率が良い車中テレワークをするためには上記のようなグッズを揃えておくと安心です。

特にノートパソコンは長時間バッテリーが持つものも多くありますが、画面の大きなものや市処理速度が高いものは数時間しかバッテリーが持たないものがあるので、カーインバーターは必須といえます。

バッテリーが足りなくて作業途中でパソコンの電源が切れてしまうという事態は絶対に避けたいところです。