軽自動車のS660でもタービン交換で100馬力以上にパワーアップが可能

S660のエンジンS07A(TURBO)のパワーは少し物足りない

S660は軽自動車でありながら希少なオープンスポーツとして非常に人気が高く、街乗りを始め、ワィンディングやサーキット走行を楽しむユーザーが多い車です。

しかし、S660は屋根が取り外し可能な構造と、スポーツ走行のために各部を補強しているため、他の軽自動車と比べて車両重量が若干重たいことがネックになっています。

参考までにS660の車両重量がαとβのMTが共に830kgに対して、アルトワークスの2WDで5MTのモデル(ASWF-A2)が670kg、4WDで5MTのモデル(ASWJ-A2)でも720kgです。S660が2シーター2人乗り、アルトワークスが5ドア4人乗りなのでいかに重いかわかるかと思います。

ただし、同じ軽オープンカーのコペンのMTが850kgなので軽いといえなくも無いですが。

馬力を抑える為にトルクが絞られている

S660は排気量が約660ccですが、ターボとインタークーラーを装着することによって軽自動車の自主規制枠一杯の64馬力を発生しています。

S07A(TURBO)のエンジンパワーは64馬力に抑えるためか、4000回転以上のトルクとパワーが絞られているように感じます。これを吸排気チューンと社外品のコンピューターを入れてセッティングをすることによって80馬力程度のパワーは出るようです。

ブーストアップで100馬力は可能?

S660の純正タービンで80馬力以上を発生させようとしても、エンジン、タービン共に余裕が無いため、あまり加給圧を上げることができません。

さらに馬力を上げる為にはタービン交換とセッティングが必要になってしまいます。

HKSのS660 GT100R Packageで100馬力オーバーが可能

GT100R Packageのタービンはポン付け(ボルトオン)でありながら高効率なMHIタービンを採用することによって100馬力超えが可能になっています。これにより純正では5000回転以上で伸び悩んでいたパワーも上まできっちりとついてくるようになります。

燃料関係も強化

ただし、タービンだけでは純正の燃料関係のパーツの能力が不足してしまいます。その為、燃圧レギュレータを調整式に、燃料ポンプも純正と比較して、約1.8倍の大容量に変更することによって安全に100馬力が達成可能になっています。

Flash Editor用初期化ツールも付属

GT100RPackageにはFlash Editor用初期化ツールも付いているのでFlash Editorを持っている人は現車セッティングをすること無く100馬力に対応しています。

RSRで高回転のパワーがさらにアップ

RSRとはRacing Suction R(レーシングサクションリローデッド)の略で、サクションパイプとエアクリーナーが付いた吸気パーツです。

GT100RPackageと一緒に取り付けることによって、高回転の延びが増します。

現在は販売終了しており、新しくレーシングサクション(Racing Suction)というものが販売されています。さらに改良されており吸気効率の向上が図られています。

CATAでレスポンスアップ

Meatal Catalyzerは排ガス規制値に適合しつつ、排気の流れをスムーズにすることによって、排圧を低く抑えることが出来ます。これによりレスポンスアップを図れるだけではなく、高い負荷がかかる領域でも余裕を持たせることによって、さらなるパワーアップが可能となります。

評判・評価

100馬力以上も可能

100馬力ではパワーが足りない!さらにパワーが欲しい人はトップフューエルのチューニングメニューでハイフロータービン、大容量のインジェクター、燃料ポンプを使用することによって120馬力までパワーアップすることが出来ます。

また、130馬力以上のチューニングメニューもあり、こちらのチューニングメニューはエンジン強化なども必要になり、価格も100万円以上となります。

パワーを上げたら足回りのチューンも必須

ストリートはMAX IV GTが最適

HKSハイパーマックスシリーズのMAX IV GTはHKS S660 GT100Rにも装着されている車高調整式サスペンションです。

倒立式で減衰力調整は30段、バネレートはフロント3kgf/mm、リア4kgf/mmというスペックで街乗りが中心の人向けのスペックで、たまにサーキットをたまに走りたい場合には減衰力を上げることによって対応できる車高調です。

上の動画では乗り心地がいいのにコーナーリングスピードが速いので峠やワィンディングによさそうだと評価されています。

HKS 車高調 ハイパーマックスIV GT ( S660 [JW5] S07A(TURBO) (15/04-) )

新品価格
¥199,902から
(2019/1/5 19:36時点)

サーキット派にはMAX IV SP

MAX IV SPはGT100R+にも装着されているモデルです。バネレートはMAX IV GTより高く、フロント6kgf/mm、リア8kgf/mmになっているのでサーキットを中心に走っている方に向けてのモデルです。

HKS 車高調 ハイパーマックスIV SP ( S660 [JW5] S07A(TURBO) (15/04-) )

新品価格
¥222,689から
(2019/1/5 19:38時点)

http://asiantirecarparts.com/2019/01/02/post-846/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする