S660モデューロXの価格と他のグレードとの違い

S660モデューロXとは

ホンダの軽オープンスポーツのS660をベースにモデューロX専用の装備を追加したホンダのコンプリートカーです。

S660モデューロXは軽自動車およびスポーツカーで唯一のモデューロXです。以前はN-BOXやN-ONEにもモデューロXの設定がありましたが、現在では販売を中止しています。

S660以外にもSTEP WGN(ステップワゴン)、FREED(フリード)にもモデューロXの設定があります。

S660モデューロXは主に走りの性能やフィーリングを高めたモデルですが、6MTだけではなくCVTも用意されているので、MT免許が無くてもモデューロXの走りを楽しむことが出来ます。

モデューロX特別装備

エンジンはチューニングせずノーマルのS660と同じパワーですが、専用のパーツが装着されています。

エアロパーツ

操縦安定性を追及した専用フロントバンパー、フロントバンパーの空力特性を考慮したガーニーフラップ付きの専用アクティブスポイラー(可変式)、フロントからの空気をスムースに流すリアロアバンパーを装着しています。

サスペンション

スポーツカーにも関わらず、街乗りからサーキットまで対応できる5段階減衰力調整機構付のサスペンションを装着しています。スポーツ走行ができるのにも関わらず、街乗りでも減衰力を下げれば(柔らかくすれば)快適に走ることができるサスペンションキットです。

ブレーキ

ディスクローターは制動距離の低減や、放熱性、ブレーキダストの除去性に優れたドリルドタイプのものを装着しています。ブレーキパッドは標準モデルと比較してブレーキのコントロールがし易く、フェードしにくいものを装着しています。

また、ホイールのスポークの間から見える赤い塗装が非常にレーシーです。

アルミホイール

フロントは15インチ、リアは16インチのステルスブラックという専用のつや消し塗装がされたアルミホイールを装着しています。

シフトノブ

6MTではチタン製のシフトノブとグレーのステッチがされたもので、CVTモデルでは本革製になっています。

その他にもサイドブレーキカバー、インパネソフトパッド、シート、メーター、カーペット、外装に特別装備がされています。

モデューロXの価格は高い?

S660モデューロXの価格は新車で6MT及び、CVTが同じ価格で約280万です。αと比較すると60万円、βと比較すると80万円高くなっています。

同じホンダの車だとシビックのハッチバックとほぼ同じ価格という価格設定になっています。シビックハッチバックは1.5Lターボで5人も乗れます。

軽自動車と考えると非常に高いと思ってしまいますが、上記の特別装備とパーツを装着した状態でセッティングがされていると考えると決して高い金額ではないと思います。

もし、社外の同等の製品を購入したとしても、これ以上の金額になるでしょうし、取り付けにも工賃がかかってしまいます。

燃費は悪い?

S660の燃費は公開されていないようですが、ベースモデルと殆ど変わらないようです。

中古車は販売している?

S660モデューロXの中古車は2019年3月現在、S660モデューロXの中古車はグーネットで検索すると全国2件しか登録されていません。しかも所謂、新古車で値段も新車と殆ど変わらない値段で取引されているので、よほど急いで購入したい場合を除いて新車を購入したほうが賢明でしょう。

ベース車とモデューロXの販売比率を考えると少なすぎると思いますが、それだけS660モデューロXを手放す人が少ない(満足度が高い)モデルといえそうです。

馬力はパワーアップしている?

S660モデューロXは様々な特別装備が装着されていますが、給排気、エンジン等はベースモデルと同一で、パワー特性やCPUのセッティングも変わっていない為、最高出力も同じ47KW(64PS)です。

試乗はできる?

S660モデューロXの試乗車は非常に少なく、東京近郊だと2018年3月現在でHondaCars横浜本厚木店のみとなっています。全国で探しても、横浜本厚木店以外では茨城水戸内原店、千葉県の東総旭126号店、長野県のしなの東和田店、しなの戸倉店の5台しかありません。気になる方はこの先試乗車が減ることがあっても増えることは無いと思いますので早めに試乗した方が良いでしょう。

限定販売で現在は購入できる?

以前、S660 無限 RAというコンプリートカーが発売されました(無限はホンダとは資本関係はない)が、限定で660台の限定でした。しかし、S660モデューロXは限定モデルではないので、ディーラーで注文および、購入することが可能です。

まとめ

S660モデューロXはパワーこそベース車と変わりないですが、ホンダ純正用品メーカーのホンダアクセスが開発したパーツを装着してセッティングされているので信頼性は非常に高いといえます。

開発から販売まで3年という長い月日を費やしており、性能が悪いわけがありません。そのような点を考慮するとトータルバランスに優れていて、コストパフォーマンスが非常に高い一台といえます。

S660にハードトップの薦め S660は軽自動車で本格的なオープンスポーツという希少な車です。ハードトップを装着することによって様々な...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする