アジアンタイヤの利点と欠点とお勧めできる理由

アジアンタイヤは安くて品質も上がってきている

劣化、摩耗したタイヤを使用することは非常に危険だけどタイヤは高いので購入を躊躇している方いませんか?

車に乗ると必ず減ってしまうのが車のタイヤ。特に長距離走るドライバーさんには大きな負担になりますよね。出費を抑えるためにタイヤの購入をケチってしまうと、そのうちにスリップサインが出てしまったり、ヒビが入ってしまうと車検に通りませんし、タイヤのバーストやハイドロプレーニング現象、スリップが起こりやすい状況になり、非常に危険です。

そこでアジアンタイヤを利用することで国産タイヤに比べて、コストを比較的抑えることができます。

アジアンタイヤって何?

アジアンタイヤとは一般的に日本以外のアジアのメーカが開発、生産しているタイヤを指します。韓国、台湾、インドネシア、中国などのタイヤメーカーが比較的知られています。

国産タイヤとアジアンタイヤの利点と欠点を比較

国産タイヤとアジアンタイヤでそれぞれメリットとデメリットがあります。

国産タイヤの利点

・日本の道路事情にあったタイヤを生産している
・タイヤショップだけでは無くカー用品店やカーディーラ等で比較的簡単に手に入る
・国産の車に多く採用されているため、多くのデータ、ノウハウがある

国産タイヤの欠点

・人件費や、原材料のコストが高いため、結果アジアンタイヤより比較的高価になってしまう。

アジアンタイヤの利点

・国産タイヤと比べるとアジアンタイヤは非常に安い価格設定になっています。

・近年では国産タイヤの性能と変わらないブランドも多くなってきています。

アジアンタイヤの欠点

・国産タイヤに比べて使用している人が少ないので直接使用している人の感想を聞く機会が少ない
・販売している店舗が少ないので、欲しいと思った当日に購入して、手元に届くことが難しい
・万が一タイヤがパンクした時に手配に時間がかかるようでは不安

しかし、最近のアジアンタイヤ販売サイトを見てみると購入者(使用者)のレビュー評価を見ることが出来るので安心して購入することができます。また、ネットで購入しても比較的在庫が潤沢なサイトでは次の日に到着するところもあります。万が一パンクしたら不安という方もいらっしゃると思いますが、そうそうタイヤがパンクすることはないです。私の運転歴は10年以上ありますが、一度もパンクしたことはありません。

いつ起こるかわからないパンクのことを考えて購入をためらうのは勿体ないと思います

アジアンタイヤはこんなにも安い

プリウス(DAA-ZVW50)195/65R15サイズで国産タイヤとアジアンタイヤを比較すると以下のような価格差になります。

国産タイヤ価格

・DUNLOP SP SPORT LM704 \6,820
・BRIDGESTONE NEXTRY   \7,990

アジアンタイヤ価格

・ZEETEX ZT1000 \2,240
・HIFLY HF201 \2,460

価格は11/5現在の■株式会社オートウェイ■での価格。他のメーカーの取り扱いも有

ZEETEX ZT1000とBRIDGESTONE NEXTRYの価格差は何と約3.5倍もの価格差があります。
価格差は一本当たり¥5,750になります。一般的にタイヤは4本同時に交換するのが一般的ですので一台分になると価格差は\23,000になります。

これがプリウスの15インチサイズの価格差になります。
これがインチ数やタイヤ幅が大きくなるにつれてタイヤが高くなるのでこの差はさらに
増大します。インチアップされている方や、大径のホイールを装着されている方には朗報です。

アジアンタイヤの性能って悪くないの?

確かに数年前は私も、アジアンタイヤはすぐにダメになったとか雨の日は滑りやすい等と
車好きの方から聞いたことが何度かあります。
しかし、近年は技術の向上によって国産タイヤと比較して変わらない、メーカー、ブランドによっては国産タイヤ以上の性能を持ったアジアンタイヤも存在するようです。
実際に私もアジアンタイヤを購入してほぼ毎日運転していますが、不都合も不満もなく使用できています。
また、通販のタイヤサイトで評価が確認できますが、評価が高いものが多く悪い評価は意外と少ないです。

アジアンタイヤの評価

近年、アジアンタイヤを標準装着する自動車メーカーも増えてきています。まだまだ日本での
知名度は低いと言わざるを得ませんが、世界的なシェアはここ十年でみると増加傾向にあります。
2014年のタイヤメーカー別シェアランキングでは7位に韓国のハンコック、9位に台湾の正新がランクインしています。また、レース活動もしているアジアンタイヤメーカーもあり、実績は証明されています。

実際にアジアンタイヤを使用している方の評価

アジアンタイヤの静粛性

アジアンタイヤでも静粛性の高いタイヤは増えてきています。
ナンカンやネクセンの多くのタイヤでは前のモデルよりも静粛性の向上を謳っています

アジアンタイヤのエコタイヤ

ナンカンのECO-2+やFeatures NEXEN(ネクセン)のN blue HD Plusなど
環境や低燃費に特化したエコタイヤもありますので燃費やランニングコストが気になる方にもお勧めできます。

アジアンタイヤを勧めたいユーザー

・とにかくコストを抑えたい、安いものが欲しいというユーザー
・年間の走行距離が多くてタイヤ購入コストが負担に感じているユーザー
・サーキットでドリフト走行をするユーザー

まとめ

最新のアジアンタイヤ人気は価格の安さも手伝って販売も順調なようです。
消耗品で、定期的な交換が必要なタイヤが安く購入することが出来れば、その分ドライブや旅行、他のカーパーツの購入に充てることができます。さらにこれが何年も続くとさらに大きな価格差になります。ランニングコストを特に気にされる方にはアジアンタイヤはお勧めです。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする