アジアンタイヤの事故のリスクは国産タイヤより高いのか

アジアンタイヤの事故が心配との声が挙がっている

アジアンタイヤは安いので購入を検討しているが、パンクや事故が心配で購入をためらっている方を見かけます。実際の性能はどうなのでしょうか。

なぜアジアンタイヤの事故の心配が尽きないのか

アジアンタイヤを装着することによって事故をおこすのではないかとの心配がおこる理由として以下の要因が挙げられます。

日本でアジアンタイヤを装着している人が少ない

国産タイヤと比較すると装着する人が増えてきているとはいえ、まだまだアジアンタイヤを装着している人は少ないと言えます。実際自分が見たことが無い物、使ったことが無い物に対して不安があるのは人間として当然です。

その為、アジアンタイヤが性能が悪く事故を起こしやすいというイメージになってしまっているのではないでしょうか。

価格が国産タイヤと比較すると安すぎる

国産タイヤと比較するとアジアンタイヤは2分の1、もしくは商品によっては3分の1で購入できるものも多くあります。その安すぎる価格故、安かろう悪かろうというというイメージが先行し、性能が悪いので事故の要因となっているのではないかというイメージをつけられている可能性があります。

また、そもそも日本以外のアジアで製造された製品は性能が悪いという考えを持った方も少なからずいるのも事実です。

国産タイヤの性能が高すぎるとの声

国産タイヤの性能、特にブリヂストンのタイヤは世界中から絶大な支持を得ており、日本だけではなく、北米やヨーロッパの自動車メーカーの多くで純正採用されています。

また、ブリヂストンは世界のタイヤ売上高ランキング1位になっており、他の国産メーカーも軒並み上位に位置している為、国産タイヤの性能が高い≠国産タイヤ以外のタイヤの性能が悪いという考えを持った方も少なくないと言えます。

アジアンタイヤの性能は決して悪くない

アジアンタイヤを装着すると事故のリスクが高まるという考えを持っている方も中にはいらっしゃるかと思いますが、決してそのようなことはありません。

アジアンタイヤが安心できる理由

世界的な評価が高まってきている

アジアンタイヤは価格が安いだけで性能が悪いという評価でしたが、近年世界的な評価が高まってきています。事実2017年世界のタイヤ売上高でアジアンタイヤであるハンコックが7位にランクインしています。また、数多くのメーカーで純正採用されているのがその証明といえます。

ユーザーからの評価が高い

アジアンタイヤを購入して、実際に使用しているユーザーからは軒並み評価が高いのは事実です。アジアンタイヤのインターネット通販で有名なオートウェイでは購入したユーザーからの評価を確認することが出来ますが、特にコストパフォーマンスが高いということでアジアンタイヤは人気です。

そもそもアジアンタイヤが事故を起こしやすいということであれば評価がここまで高くなるということはないでしょう。

粗悪なショップがあるのも事実

アジアンタイヤだけに限られる話ではないですが、価格が安いのはいいのですが、タイヤの保管に費用をかけていない、すなわち保管状態が悪かったり、製造年度が古いものを案内も無しに販売する悪質なサイトがあるのも事実です。

そのようなショップで劣化したタイヤを購入すると事故のリスクが高まるので注意が必要です。

アジアンタイヤ云々、事故のリスクはタイヤの状態によることが多い

劣化や摩耗したタイヤを使用していると制動距離が伸びたり、パンクやバーストするリスクが高まります。その為、タイヤはこまめに点検をしてひび割れがないか、タイヤにくぎなどが刺さっていないかなど目視点検をしましょう。

また、あわせて空気圧の調整もあわせて行うと良いでしょう。

万が一タイヤがひび割れしていたり、摩耗している場合は事故のリスクが高まるので速やかにタイヤを交換しましょう。

タイヤを購入する際は信頼できるショップで

アジアンタイヤを含めてタイヤを購入する際には信頼できるショップやサイトで購入するようにしましょう。正直値段が安いだけでタイヤの保管状態も悪いショップも少なからずあるので要注意です。

信頼できるアジアンタイヤを購入することによってパンクや事故のリスクを減らすことが出来ると言えます。

アジアンタイヤを購入したことがなくて、購入を検討している方にはハンコックやナンカン、ATR RADIALがお勧めです。購入は販売実績の多いオートウェイで購入することをお勧めします。

コスパが高いお勧めアジアンタイヤメーカーはどこ


安全運転もしっかりと

事故を起こさないためにはタイヤの性能も重要な要因の1つですが、いくら性能が高いタイヤを履いていても無謀な運転をしていては事故をおこしてしまうリスクが高まりますので、日ごろの自分の運転操作を見直し、事故を起こさないためにも安全運転に努めましょう。

アジアンタイヤの寿命・耐久性が短いというのは本当なのか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする