アジアンタイヤは静粛性が低い?評判の高いお勧めタイヤ

アジアンタイヤは静粛性が低い?

アジアンタイヤは性能が低く、グリップ性能や静粛性が低いと言われますが、果たして本当にそうなのでしょうか。

確かに昔は価格は安いが耐久性や静粛性などが低く評判が低いタイヤも沢山ありましたが、現在では静粛性が低いどころか国産タイヤと比較しても劣らない性能を持ったアジアンタイヤも沢山あります。

アジアンタイヤの静粛性が低いと言われる理由

最近ではアジアンタイヤの性能と静粛性が高いタイヤも沢山出回って来ていますが、なぜ世間ではアジアンタイヤの評判は高くないのでしょうか。

価格が安い

アジアンタイヤは日本国産タイヤと比較すると価格が非常に安く、商品によっては国産の半分以下で購入できるタイヤも沢山あります。

その為、価格が安い≒静粛性等の性能が低いという思い込みや勘違いが生まれている可能性はあります。

性能が低かった過去

アジアンタイヤは国産タイヤと比較すると一昔前は性能が低くて、評価もとても低いことがありました。その時のイメージを持ったままの方も多いと思います。

その為、静粛性も低いのではないかと思われがちです。

近年のアジアンタイヤの評価は高い

近年のアジアンタイヤの評価は向上しており、その証拠に韓国のハンコックタイヤは2017と2018年のタイヤ売上高ランキングで世界7位というメジャーな会社になっています。

世界7位って高いのかと思う人もいるかとは思いますが、ヨコハマタイヤの横浜ゴムが8位という順位を考えると非常に高い順位と言えます。

純正採用されているメーカーも多くあり、ドイツのメルセデスベンツなども純正装着タイヤとして採用しているほど世界的に評価が高いです。

近年ではインターネット通販サイトでも価格が安くて静粛性や耐久性の高いアジアンタイヤも多く販売されています。

但し、国産やアジアンタイヤ問わず性能や評価が低いタイヤがあるので注意しましょう。

静粛性の高いタイヤも沢山ある

アジアンタイヤは世界的に評価を高めており、近年ではタイヤの種類も多様化されてきています。当然静粛性の高いタイヤも多く販売されています。

以下で紹介するタイヤは静粛性が高いだけではなく、コスパと評価が高いアジアンタイヤを紹介しています。

静粛性の高いお勧めタイヤ

コストパフォーマンスが高いアジアンタイヤは数多くありますが、ここでは特に静粛性が高いタイヤを紹介したいと思います。

ナンカン エコネックスECO-2 +(Plus)

静粛性が高いだけではなく、ECO-2と比較しても燃費性能も高いエコタイヤです。ショルダーに直行のリブを刻むことで静粛性能を高めています。

またNA-1より乗り心地が良いという評価です。

ナンカン エコネックスNA-1

排水性の高いタイヤパターンを採用することによって、雨の日でも安心して走行することが可能です。

エコネックスECO-2 +(Plus)と比較すると燃費性能が若干劣りますが、ウェットグリップ性能が高いタイヤです。

ATR RADIAL Corsa 2233

左右非対称のタイヤパターンを採用するコンフォートタイヤです。外側のパターンでハンドリング性能とウエット性能を高め、内側のタイヤパターンで静粛性と乗り心地の向上を高めたタイヤです。

静粛性の高いアジアンタイヤのデメリット

デメリットとしては、国産の静粛性が高いタイヤと比較するとアジアンタイヤの購入できる店やインターネット通販サイトが少ない事です。

ハンコックなどの売れ筋のタイヤはタイヤショップで購入することは可能ですが、売れ筋の降コンフォートタイヤしか在庫がなく、エコタイヤやスポーツタイヤは店舗にない可能性も高いです。

また、上で紹介したナンカンやATR RADIALのタイヤは取り扱いしているタイヤショップが少ないです。その為、信頼できるショップを探すのが難しいのがデメリットとなります。

おすすめのインターネットサイトはオートウェイです。オートウェイで購入するメリットについては以下のページで解説しています。

オートウェイは安くて安心!オートウェイでタイヤを購入すべき理由

アジアンタイヤに抵抗ある方

やっぱり聞いたことがないメーカーのタイヤは購入するのに抵抗があるという方はアジアンタイヤだけではなく、その他の海外メーカーのタイヤを検討してみてはどうでしょうか

価格はアジアンタイヤと比較すると若干高くなってしまいますが、知名度があるので安心感はあります。

ミシュラン PRIMACY LC

トレッド面の溝とブロックの比率を一定にすることによって静粛性を高めているタイヤです。また、摩擦抵抗が少ない素材を採用することによって耐久性を高めつつ、低燃費性能が高いタイヤです。

PRIMACY LCは静粛性と低燃費性能が非常に高いと評判が高いタイヤですが、タイヤサイズがデメリットとして215/55R17 94Vの1サイズしかないのがデメリットです。

グッドイヤー EfficientGrip Comfort

ショック吸収構造によって高い静粛性だけではなく、リブの設計を見直すことにより、ハンドリング性能も高いタイヤです。耐久性が高いという評判で、走行距離が多いドライバーにお勧めです。

また、低燃費タイヤのラベリングを取得しており、多くのタイヤサイズで転がり抵抗性能が:AA、ウェットグリップ性能が:bを取得しています。

価格の比較

アジアンタイヤと国産タイヤではどれだけの価格差があるのでしょうか?

プリウス(ZVW55 ZVW30)の純正タイヤサイズ:195/65R15で比較。一部グレードはタイヤサイズが異なります。評価はオートウェイでの総合評価の点数(5点満点)

ブランド タイヤ名 価格(1本) 評価 評判(口コミ)
ナンカン エコネックスECO-2 +(Plus) 6,140円 4.47 口コミ
エコネックスNA-1 5,340円 4.38 口コミ
ATR RADIAL Corsa 2233 4.08
ブリヂストン NEXTRY 7,390円 4.45 口コミ

Corsa 2233は15インチがラインナップが無いので記載していません。

ブリヂストンのNEXTRYはブリヂストンのラインナップの中でも価格が安い事で有名ですが、エコネックスNA-1と比較すると1本あたり、約2千円の価格差となり、4本だと約8千円の差となります。

スタンダードラジアルタイヤとの価格比較

静粛性が高いラジアルタイヤとスタンダードのタイヤを比較すると価格などはどれくらい異なるのでしょうか。

オートウェイの特選ブランドタイヤランキングの上位に入っているナンカンの AS-1の価格はプリウスツーリングセレクション等のサイズ(215/45R17)のサイズで比較するとAS-1が6,310円でNANKANG ECO-2 +(Plus)の価格が6,490円なので、静粛性の高いエコタイヤが欲しい方はNANKANG ECO-2 +(Plus)は非常にお勧めです。オートウェイでの評価も

同サイズのヨコハマタイヤADVAN dBが2万5千円前後、ブルーアースRV02が2万円全後なので国産の静粛性の高いタイヤと比較してしまうと、場合によっては10万円位の価格差となってしまいます。

ナンカンタイヤの評判は?国産タイヤより性能は悪いのか?

まとめ

静粛性を高いタイヤは一般的なスタンダードラジアルタイヤと比較して高いイメージがありますが、アジアンタイヤに関してはその限りではありません。

確かに他のアジアンタイヤと比較すると若干価格は高くなってしまいますが、日本国産のタイヤと比較すると非常に価格が安く評価が高いものも沢山あります。

長距離や毎日の通勤で静粛性が高いタイヤが気になっているが価格が高くて購入をためらっている方、プリウス等のハイブリッド車に乗っていて静粛性が高く安いタイヤを探している方には上記で紹介したアジアンタイヤは非常にお勧めできます。

但し現在でも価格だけ安くて性能が悪いアジアンタイヤもまだまだ販売されているのが現状ですので信頼できる店舗やインターネット通販サイトで購入しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする