ナンカンのスタッドレスAW−1の評判は国産タイヤと比較して高い?

価格が安いアジアンタイヤですが、中には国産タイヤと比較して価格が半額以下という激安と言っていいほど安価に購入できる商品もあるので性能や評価が悪いのでは無いかと思っている方も多いと思います。

しかし、ナンカンのスタッドレスタイヤであるAW−1はユーザーからの評価が高いため、その理由を解説していきます。

ナンカンAW-1はESSN-1からさらに進化

ナンカンAW-1は評価が高かったESSN-1よりさらに性能を向上させています。

AW-1は発進時だけではなく圧雪路や氷盤路でも安定したブレーキング性能を発揮しています。

また、勾配が15度ある圧雪路面の登坂路を一時停止状態から問題なく登っていっています。

また、それ以外にもESSN-1より静粛性や耐久性も向上しています。

AW-1のデメリット

ナンカンのAW-1は評価の高かったESSN-1をさらに進化させたタイヤので性能に関しては安心と言えますが、デメリットを挙げるとすると、オートウェイで取り扱っているタイヤサイズが13インチから18インチの18サイズしか無いことです。

これ以外のサイズでアジアンタイヤのタイヤを購入したいという方にはESSN-1をオススメします。

ESSN-1はAW-1より古くから販売されているスタッドレスタイヤですが、評価も高く、2020年製造のタイヤも購入できるので問題ないと言えます。

一部のタイヤサイズは2019年製造のESSN-1も販売されていますが、保管状態が悪くなければ1年でタイヤは殆ど劣化しないので、安く販売されている2019年製造の商品を購入するのもアリだと思います。

ナンカンのスタッドレスタイヤの評価

ナンカンはこれまで約25年間スタッドレスタイヤを作ってきたという実績が有ります。

AW-1やESSN-1は日本の道路を想定して製造されているスタッドレスタイヤなので評価は高いです。

ナンカンESSN-1の評価

ナンカンESSN-1はオートウェイの総合評価で260件以上と多くの評価が有り、5点満点中4.30点という高評価を得ています。

評判は?アジアンタイヤのナンカンESSN-1がお勧めできる理由

ラジアルタイヤの評価も高い

ナンカンはラジアルタイヤの評価も高く、特にAS-1がオートウェイの特選輸入ブランドタイヤランキングで上位に入っています。

ユーザーの総合評価は260件以上有り、5点満点中4.25という評価です。

ナンカンタイヤの評判は?国産タイヤより性能は悪いのか?

AW-1の製造国はどこ

ナンカンのスタッドレスタイヤは台湾のタイヤメーカーで、AW-1の製造国は台湾です。ESSN-1も台湾で製造されています。

日本で販売されているラジアルタイヤの製造国も台湾です。

AW−1とESSN-1の価格の比較

タイヤサイズ:225/60R17で比較 価格は調査時のオートウェイでのもの

タイヤ名 価格 備考
AW-1 9,990円 2019年製
ESSN-1 11,590円 2020年製

製造年度の違いは有りますが、上記のタイヤサイズで1本あたり1,600円の価格差があります。

4本の価格差は6400円です。

国産タイヤとの価格の比較

※当サイト調査時の最安値

メーカー タイヤ名 価格(1本)
ブリヂストン BLIZZAK DM-V3 20,060円
YOKOHAMA iceGUARD SUV G075 15,600円
ブリヂストン BLIZZAK VRX2 24,370円
YOKOHAMA iceGUARD 6 iG60 20,773円

価格の安くて評価の高いiceGUARD SUV G075とAW-1の価格を比較すると1本約4,000円ですので4本で16,000円近い価格差です。

但し、iceGUARD SUV G075は名前の通り、SUV車用なので、iceGUARD 6 iG60と比較してしまうと4本で26,000円近い価格差になってしまいます。

ナンカンのスタッドレスタイヤが購入できるオススメ取扱店

ナンカンのスタッドレスタイヤAW−1およびESSN-1が購入できるオススメの取扱店ははオートウェイです。オートウェイは送料無料(沖縄県を除く)やタイヤ取り付け店に直接配送してもらうことも可能です。

他にもオートウェイで購入するメリットは沢山あります。

オートウェイループでのタイヤ購入は怖い?安心して購入できる理由



通販サイトだと製造年が古いのが送られてきそうで心配

価格が安いだけのインターネット通販サイトではタイヤの保管状態が悪い店や製造年度が古い製品を送ってくる店舗も中にはあります。

その為、タイヤを購入する際は慎重に取扱店を選ぶ必要があります。

オートウェイでは古いタイヤを購入させられるという心配が全く心配無いと言っていいでしょう。タイヤを選ぶ際に製造年度が記載されているので安心して購入することが出来ます。

アジアンタイヤの性能が悪い時代は終わった

ナンカンをはじめ、近年では様々なアジアンタイヤが気軽に購入できるようになりました。一昔前には価格が安いだけで性能や評価が悪いタイヤも沢山ありましたが、最近では性能が日本国産タイヤと比較しても変わらないタイヤも多くあります。

コストパフォーマンスが高いタイヤを購入するのならばインターネット通販サイトでアジアンタイヤを購入することをオススメしますが、通販サイトでは商品を確認することが出来ませんし、保管状態もよくわかりません。

その為、インターネットでタイヤを購入する際は取扱店は慎重に選ぶ必要があります。

人気記事:性能・品質は?人気アジアンタイヤスタッドレスESSN-1の評価と口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする