評価は?ミシュランのX-ICE 3+がお勧めできる理由

X-ICE 3+のコストパフォーマンスが高い

ブリヂストンのBLIZZAK VRX2等国産スタッドレスタイヤの性能が高いというのは紛れもない事実ですが、ミシュランのX-ICE 3+は国産と比較しても性能は遜色ないのに耐久性が高い(ランニングコストパフォーマンスが高い)ということで評判が高いです。

X-ICE 3+の寿命は長い?

ミシュランのスタッドレスタイヤの最大のメリットとして、タイヤが摩耗しても性能が低下しづらいという点があります。

これはミシュランのスタッドレスタイヤがプラットフォーム近くまで溝が彫られているので高い性能を維持し続けるというメリットがあります。

また、このことから寿命が長いだけではなくミシュランのタイヤ製造技術の高さがうかがい知ることが出来ます。

X-ICE 3+の性能が悪いのではないかと心配

ミシュランX-ICE 3+をはじめ海外のメーカーのスタッドレスタイヤの性能は悪いのではないかと心配になってしまいますが、問題はありません。

ミシュランのスタッドレスタイヤは日本国内で研究開発がされており、北海道の特別豪雪地帯に指定されている士別市で圧雪・アイスバーンのテストを行っている為、日本の環境や路面状況にあったスタッドレスといえます。

因みに士別市というのはトヨタの試験場やダイハツのテストコース、ブリヂストンの冬用タイヤのテストコースがあるなど、特に冬には過酷な環境として有名です。

X-ICE 3+の性能

X-ICE 3と比較するとブレーキング性能が4.5%向上、また、摩耗時のアイスバーン路面の制動録も約12%短いということで性能は向上しています。

上記はX-ICE 3+のドライブインプレッション動画です。路面状況が過酷な峠道でもグリップ性能も高くコントロール性が高いということで性能は高そうです。

また、雪道だけではなく高速道路も静かで安定しているということなのであらゆる路面で安心して走行できそうです。

X-ICE 3+のタイヤサイズラインナップ

X-ICE 3+のタイヤサイズは15インチの185/65R15 92T XLから19インチの255/50R19 107H XLまでの合計37サイズを取り揃えています。大半の車種には対応していますが、13・14インチのタイヤサイズはラインナップには無いので、軽自動車の多くは装着できないということになります。

例:N BOXの純正サイズが155/65R14 165/55R15なのでX-ICE 3+のラインナップには無い。

軽自動車のコストパフォーマンスが高いタイヤを購入したい方はPirelliのIce Asimmetricoをお勧めします。

評判は?PIRELLIのICE ASIMMETRICO PLUSがお勧めできる理由

X-ICE 3+の評判・評価

X-ICE 3+は圧雪・アイスバーンの性能が高いだけではなく、ドライ路面の性能が高いということで評価が高いです。

また、インターネット通販サイトであるタイヤフッドのTIREHOODアワード2019 TIRE OF THE YEAR(スタッドレスタイヤ)SUV部門を受賞する等、こちらでも評価が高いです。因みにユーザーの評価は5点満点中4.47という評価です。

X-ICE 3+が購入できるインターネット通販サイト

X-ICE 3+をはじめミシュランのタイヤが購入できるお勧めのサイトはTIREHOODです。TIREHOODではX-ICE 3+だけではなく、PirelliIce AsimmetricoやContinental NorthContact NC6も購入することが出来ます。

TIREHOODは無料でパンク保証がついていたり、タイヤの購入と取り付け予約が同時にできたりと非常に便利です。



カー用品店でも購入可能

オートバックスやイエローハット等のカー用品店ではブリヂストンのBLIZZAK VRX2や横浜ゴムのiceGUARD 6 iG60等の国産のスタッドレスタイヤしか販売していないイメージですが、X-ICE 3+も多くの店舗で購入することが可能です。

まとめ

X-ICE 3も評判が高いスタッドレスタイヤでしたが、X-ICE 3+では新しいコンパウンドやトレッドパターンの改良によってさらなる性能の向上が図られています。

また、ミシュランのスタッドレスタイヤの特徴として耐久性が高いこと、トレッドパターンの改良によって静音性の向上も図られているので高速道路などの長距離運転も快適です。