GTラジアルの評判は高い?ユーザーの口コミは【Giti】

GTラジアルの評判は高い?

近年タイヤショップでたまに見かけるGTラジアルのタイヤですが、国産タイヤより安い価格で販売されていますが、評判は高いのでしょうか

また、他のアジアンタイヤと比較して性能は高いのでしょうか。

GTラジアルはどこの国のタイヤブランド?

GTラジアルはどこの国のタイヤブランドなのでしょうか?

GTラジアルはじめ、Gitiやランウェイなどを傘下に収めるGitiグループのタイヤブランドです。Gitiタイヤはシンガポールのタイヤ会社で現在世界130か国以上でタイヤを販売しています。

日本ではあまりなじみがないタイヤメーカーではありますが、世界で第11位の売上高を誇るタイヤメーカーです。このランキングというのは高いのか低いのかわからないという方に説明すると、トーヨータイヤと近いランキングと売上高になります。

Gitiの主なタイヤブランド

Gitiグループで有名なタイヤブランドは以下の2つです。この2つのブランドは同タイヤメーカーグループでも性能の高いタイヤを供給しています。

GTラジアル

GTラジアルは70年近い歴史を誇り、創業当初からミシュランが資本参加をしており、同社のライセンス生産を行うことによって技術力を高めていきました。ミシュランはご存じの通り世界第2位のタイヤメーカーですのでその技術力は折り紙つきです。

現在は中国以外の多くの国で販売されており、北米やヨーロッパではその性能の高さから高い評価を得ています。その証拠にタイヤ売上も上記の通り世界でも上位に入るほどメジャーなタイヤメーカーになっています。

また、北米やヨーロッパだけではなく、日本でもトヨタをはじめ、様々なメーカーが新車純正装着タイヤとして採用されていることからわかる通り、日本でも高い評価を得ています。

日本のレースでも高い評価

近年では日本のレースにも参加しており、フォーミュラドリフトで飯塚選手のシルビアS15にGTラジアルのSX2が装着されていることで話題となりました。

Giti

Gitiも新車純正タイヤとして採用されており、コンフォート228がフォルクスワーゲンの車に採用されたことによって話題となりました。主に中国市場向けの車にGitiのタイヤが装着されています。

Gitiではコンピューターでのテスト及びシミュレーションを行うだけではなく、テストコースでの走行を行うことによって高性能のタイヤを製造し販売しています。

レースでも高い性能と実績を誇り、マレーシア12時間レースに出場したランボルギーニウラカンがG Tクラスで優勝した実績や、ルマン24時間にも出場しています。

2020年にはF3アジアチャンピオンシップシリーズのオフィシャルサプライヤーに決定しました。

GTラジアルお勧めのタイヤ

CHAMPIRO SX2

CHAMPIRO SX2はフォーミュラドリフトでの使用実績もあることからドリフト走行をする方を中心に高い人気と評価を誇っています。

グリップ性能やドリフト時のコントロール性能の高さだけでなく、ウェットグリップ性能の高いタイヤデザインや高い寿命が話題のスポーツタイヤです。その為、ドリフトだけではなく、スポーツカーに乗っている方や、グリップを含め、たまにサーキット走行をする方にお勧めのタイヤです。

CHAMPIRO GTX PRO

CHAMPIRO SX2と比較するとドライのグリップ力は若干劣りますが、高いグリップ力を誇りながらもウェット時のハンドリング性能や排水性能を高めたタイヤです。

サーキット走行はしないけれども、高いグリップ力とハンドリング性能が欲しい人にお勧めのタイヤです。

また、高速でも安定した性能を発揮します。

SPORT ACTIVE

左右非対称パターンを採用することによってウェットでも高いハンドリング性能を発揮します。

CHAMPIRO HPYと比較すると若干タイヤの耐摩耗性能が高いです。

CHAMPIRO HPY

ドライやウェットでも高いグリップ性能を誇りながら高速走行時でも静粛性が高いタイヤです。CHAMPIRO HPYはSUV用のタイヤサイズも用意しています。

また、サイズラインナップの多くが速度記号:Yになっており、時速300km超える速度でも対応したタイヤです。

SPORT ACTIVEと比較すると若干ウェットグリップ性能が高いです。

GTラジアルの口コミ

GTラジアルの口コミとしてはサーキット走行でも高い寿命を誇っているばかりか飴での性能や静粛性も高いという口コミも有りました。

GTラジアルが購入できる店舗

GTラジアルが購入できる店舗は阿部商会が有名ですが、タイヤ館やミスタータイヤマンで見かけたという情報もあります。

アジアンタイヤを購入するのならオートウェイがお勧め

Gitiは世界的も有名なメーカーで高い評判を誇っていることがわかりました。しかし、GitiGTラジアルのタイヤはカー用品店をはじめ、インターネット通販でもまだまだ取り扱いが少ないのが現状です。

その為、安くて性能の高いタイヤを探している方にはAUTOWAYをお勧めします。

シンガポールをはじめアジアには国産タイヤと比較してもコストパフォーマンスが高いタイヤが沢山あります。

オートウェイは安くて安心!オートウェイでタイヤを購入すべき理由

シンガポールのタイヤメーカーは評判を高めている

アジアンタイヤといえば韓国のハンコック、中国のZCラバー、台湾のマキシスのタイヤが売上高が高く世界的に有名目でしたが、近年シンガポールのタイヤメーカーはGitiタイヤやRadarが日本にも輸入されるようになり、評判も高まっています。

日本以外にも様々な国でアジアンタイヤが製造されており、その性能や評価が高まっています。ユーザーとしてはコストパフォーマンスが高いタイヤの選択肢が多くなることは非常に喜ばしい事です。

人気記事:アジアンタイヤの利点と欠点とお勧めできる理由